「PCR検査とは?」わかりやすく簡単解説!種類から仕組みまで

"WHAT IS A PCR TEST?" EASY TO UNDERSTAND EXPLANATION

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大とともに、ニュースなどの報道で“PCR検査”というフレーズをよく耳にするようになりました。
しかし、PCR検査がどのような検査で、どういった仕組みで新型コロナウイルスを検出するのか、イマイチよくわからない方も多いのではないでしょうか?

「PCR検査とはなんなのか、わかりやすく知りたい」「PCR検査の種類や仕組みを簡単に教えて欲しい」こういった方々のニーズにお応えするために、この記事では、PCR検査の概要と種類、仕組みについて、図解などを交えながらわかりやすく解説します。

ぜひ最後まで、ご参照ください。

もくじ

PCR検査の種類と特徴について

新型コロナウイルスの検出のために行われる検査には、さまざまな種類があります。
PCR検査、抗原検査、抗体検査というと、「聞いたことがある」という方も多いでしょう。
ここからは、新型コロナウイルス検出のために行われるPCR検査の種類と特徴について、簡単に説明します。

新型コロナウイルスのPCR検査は唾液採取鼻咽頭ぬぐい液採取

新型コロナウイルス検出のためのPCR検査の種類は、唾液を使用するものと鼻咽頭ぬぐい液を使用するものがあります。

唾液採取のPCR検査

【図解】唾液採取で行うPCR検査のメリットを解説 【図解】唾液採取で行うPCR検査のメリットを解説

被検者(検査を受ける人)の唾液を採取して検体とします。
この際、必要な唾液は1~3ml程です。

唾液採取によるPCR検査のメリットは、被検者自身が検体となる唾液を採取できるところにあります。
必ずしも医療機関で行う必要がないだけでなく、苦痛が少ないことも大きなメリットです。

鼻咽頭ぬぐい液のPCR検査

【図解】鼻咽頭ぬぐい液で行うPCR検査のメリットを解説 【図解】鼻咽頭ぬぐい液で行うPCR検査のメリットを解説

被検者(検査を受ける人)の鼻から咽頭を綿棒でぬぐって採取したぬぐい液を検体とします。

鼻咽頭ぬぐい液の採取によるPCR検査のメリットは、検査精度が高いことです。その一方で、採取時に痛みがあったり、まれに咽頭反射(えずき)があったりすること、鼻の刺激によるくしゃみや咳で、感染リスクが高まる可能性などがデメリットとして挙げられます。

唾液鼻咽頭ぬぐい液どっちが正確なのか?

一般的に鼻咽頭ぬぐい液検査に比べると、唾液検査は検査感度が低いといわれてきましたが、厚生労働省の見解ではその精度は同等とされています。
ただし、新型コロナウイルス発症後10日目以降のケースにおいては、唾液に含まれるウイルス量が減少する可能性が指摘されており、この場合は唾液検査ではなく、鼻咽頭ぬぐい液での検査が推奨されているのが現状です。

検査センター?市販の検査キット?どこで検査を受けるべきなのか?

無症状の方がPCR検査を受ける場合、下記が選択肢として挙げられます。

  • 民間の
    PCR検査センター
    民間のPCR検査センターで行う
  • 市販の
    PCR検査キット
    市販のPCR検査キットで検査を行う
  • 検査可能な
    医療機関
    病院等の検査可能な医療機関で行う
  • 郵送検査
    自宅で採取してPCR検査センターへ郵送する方法 自宅で採取してPCR検査センターへ郵送する方法

それぞれ、メリットデメリットがあります。

例えば、市販の検査キット都合の良いタイミングで手軽に自ら検査できることがメリットです。
その一方で、感染有無の確定検査とはならないので、注意が必要といえるでしょう。

民間のPCR検査センターは、検査費用が低価格に設定されており、駅前にあるなど、立地条件も良いのが特徴です。検査方法もPCR検査のため、精度が高く安心につながります。

PCR検査センターで陽性判定が出た場合は、医療機関への受診が必要です。

PCR検査とは?わかりやすく教えて!

PCR検査と聞くと、新型コロナウイルスを判定するための検査だと思われがちですが、実はそうではありません。
では、PCR法についてくわしく見ていきましょう。

PCR法について

PCR法は、検査方法の一つであり、正式名称を「ポリメラーゼ連鎖反応(Polymerase Chain Reaction)」といいます。
遺伝子情報であるDNAを複製し、増幅させて検出できるようにする技術のことです。

微量の検体(組織や血液、ウイルスなど)に存在するごくわずかなDNAであっても、PCR法を用いることで検査に必要な特定の配列を短時間で増幅させ、対象となる遺伝子配列の有無を知ることができます。
PCR法は、身体に存在するウイルスや細菌の検出だけでなく、DNA鑑定や遺伝子の研究にも利用されている検査法です。

PCR検査の仕組みが知りたい!

ここからは、PCR検査の仕組みについて解説します。
PCR法の要となるDNAやRNAについて触れながら、実際にどのようにウイルスを検出するのか、くわしく見ていきましょう。

DNARNAが検査の要

DNARNA。
学生の頃に生物の授業で習うので、ご存じの方が多いかもしれませんが、PCR法を見るときに非常に重要になってくるので、ここで一度再確認します。

DNAについて

DNAはデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic acid)といい、デオキシリボース(糖)とリン酸、塩基から構成される高分子です。
人間はDNAの遺伝子情報に基づいて、身体の器官、臓器が作られています。
遺伝子情報は、DNAの塩基に使われるアデニン(A)、チミン(T)、シトシン(C)、グアニン(G)の並び方で決定します。
DNAは非常に長い鎖のような形状をしていて、通常はこの鎖が2本で一組となる“二重らせん構造”となっています。

DNAの特徴
  • 遺伝子の本体

  • 二重らせん構造

  • 塩基はアデニン(A)、チミン(T)、シトシン(C)、グアニン(G)

  • 熱を加えることで二重らせん構造が溶け塩基の結合が切れる、徐々に温度を下げると再び結合する

【図解】DNAの3つの特徴を解説 【図解】DNAの3つの特徴を解説

RNAについて

RNAはリボ核酸(Ribo Nucleic acid)といい、遺伝の他にタンパク質合成を支配しています。
RNAに使われる塩基は、アデニン(A)、ウラシル(U)、シトシン(C)、グアニン(G)です。
RNAは、メッセンジャーRNA(mRNA)、トランスファーRNA(tRNA)、リボソームRNA、ウイルスRNAの4つに分類され、それぞれ異なった機能を有します。RNAの形状は、二重らせん構造ではなく、一本鎖構造です。

RNAの特徴
  • 一本鎖構造
  • 塩基はアデニン(A)、チミン(T)、シトシン(C)、グアニン(G)
  • 【図解】RNAの2つの特徴を解説 【図解】RNAの2つの特徴を解説 【図解】新型コロナウイルスはRNAをウイルスゲノムとして保有 【図解】新型コロナウイルスはRNAをウイルスゲノムとして保有

    PCR法の原理DNAを増幅させその量で判定する

    新型コロナウイルスは、RNAがタンパク質や脂質に包まれた構造をしています。
    検査では、検体に含まれるウイルスRNAの有無を調べるのですが、このウイルスRNAは極微量で、検体に含まれる他のDNAやRNAに紛れてしまい検出することはできません。そこで活用されるのが、PCR法です。

    PCR法ではRNAをそのまま増やすことはできませんが、検体中のRNAをDNAにコピーして、コピーしたDNAをPCR法によって増幅させウイルスの有無を調べます。
    RNAをDNAにコピーする仕組みは、ポリメラーゼというレトロウイルスを活用して行われます。新型コロナウイルスのPCR検査には、ポリメラーゼと合成DNAであるプライマーと呼ばれる物質が必要不可欠です。
    増幅させたDNAの量陽性であるか、陰性であるかを判断します。

    【図解】PCR法に必要なものとDNAの増幅サイクルを解説 【図解】PCR法に必要なものとDNAの増幅サイクルを解説

    仕組みを知って正しく検査を受けよう!

    PCR検査は、検体に含まれる極微量のウイルスRNAをコピーしてDNAにし、それを増幅させてウイルスの有無を判定することがわかりました。
    そのメカニズムは少し複雑ですが、一つずつ紐解けば理解できそうな仕組みです。

    新型コロナウイルスの検査には大きく分けて3つの種類があり、目的によって受ける検査や検査時期=タイミングも異なります。
    ぜひ、ご自身に必要な検査を見極め、正しく検査を受けるようにしてくださいね。

    「PCR検査を受けるタイミング」については、下記のページでくわしく解説しています。
    「タイミングが知りたい」「いつ受ければいいかわからない」という方は、ぜひご参照ください。

    福岡県でPCR検査をするなら

    福岡県天神エリアでPCR検査をご検討中の方は、天神PCRスピード検査センターをおすすめします。
    予約不要で検査が受けられるだけでなく、最短90分で結果が判明するスピード検査も実施中です。
    陰性・陽性それぞれの証明書も発行でき、土日祝日も検査できます。所要時間は5分です。
    ※天神PCRスピード検査センターは無症状の方限定です

    アクセス

    検査センターまでの道のり

    • 天神PCRスピード検査センター

      Google MAPで開く
      住所
      〒810-0041
      福岡県福岡市中央区大名1-1-7
      ジェスト22ビル 1階
      天神駅から徒歩3分

      Google MAPで開く

      公式サイト
      https://tenjin-fujinka.jp/pcr/tenjin/
      受付時間
      8:30 ~ 21:30
      ※定休なし

      各種スピード検査の受付時間

      スピード検査超スピード検査EXスピード検査

      • 当日の結果通知 16:30まで
      • 翌日の結果通知 16:30以降
    • PCRスピード検査センター久留米店

      道案内はこちら Google MAPで開く
      住所
      〒830-0033 福岡県久留米市天神町8
      リベール1階
      西鉄久留米駅東口から徒歩1分
      西鉄バス西鉄久留米から徒歩1分
      佐賀県鳥栖駅からもアクセス良好

      道案内はこちら

      Google MAPで開く

      公式サイト
      https://tenjin-fujinka.jp/pcr/kurume/
      受付時間
      10:00 ~ 19:30
      ※定休なし

      各種スピード検査の受付時間

      スピード検査超スピード検査

      • 当日の結果通知 15:00まで
      • 翌日の結果通知 15:00以降
    • PCRスピード検査センター博多座前店

      道案内はこちら Google MAPで開く
      住所
      〒812-0026
      福岡県福岡市博多区上川端町14-10
      グランドサヴォイ103号
      中洲川端駅から徒歩1分
      会場に駐車場はございませんので、お車でお越しの際はお近くの有料パーキングに駐車お願いたします。

      道案内はこちら

      Google MAPで開く

      公式サイト
      https://tenjin-fujinka.jp/pcr/hakatazamae/
      受付時間
      9:00 ~ 18:00
      一時的に受付時間短縮しております ※定休なし

      各種スピード検査の受付時間

      スピード検査超スピード検査

      • 当日の結果通知 16:30まで
      • 翌日の結果通知 16:30以降
    • PCRスピード検査センター小倉店

      Google MAPで開く
      住所
      〒802-0002
      福岡県北九州市小倉北区京町2-7-13
      林ビル1階
      JR小倉駅から徒歩2分

      Google MAPで開く

      公式サイト
      https://tenjin-fujinka.jp/pcr/kokura/
      受付時間
      9:00 ~ 20:30
      ※定休なし

      各種スピード検査の受付時間

      スピード検査超スピード検査

      • 当日の結果通知 15:30まで
      • 翌日の結果通知 15:30~19:30
    検査結果確認用マイページ