妊娠したかも?初期症状を17項目で判定チェック【天神駅前婦人科クリニック】

妊娠初期症状をセルフチェック

Pregnant

妊娠初期症状に気付いたら婦人科へ

妊娠初期症状に気付いたら婦人科へ

妊娠超初期から見られる「生理が遅れている」「何となく体調が悪い」。そんな症状は妊娠のサインかもしれません。待ち望んだ妊娠への期待に胸を躍らせる方もいれば、望まない妊娠の可能性に戸惑い、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。いずれにせよ、妊娠が疑われる症状がある場合には、できるだけ早く産婦人科の診察を受けましょう。

正常な妊娠だと思っていても、子宮外妊娠など異所性妊娠の場合もあります。また、望まない妊娠の場合には、人工妊娠中絶を選択する場合もあるかと思います。そのような場合も、正しい妊娠週数を把握して、できるだけ早い対処を講じることで身体の負担は少なくなります。こちらでは「妊娠したかも?」と思ったときにすべきことや、妊娠初期の症状チェック、妊娠検査薬の正しい使い方・誤判定の可能性などくわしく解説します。(医師監修です)なお、天神駅前婦人科クリニックでは分娩(出産)は行っておりません

妊娠判断セルフチェック17項目

  • □予定日を1週間以上過ぎても生理が来ない
  • □身体が熱っぽい(37.0度台の微熱が続く)
  • □基礎体温が高く高温期が17日以続く
  • □身体がだるく強い眠気がある
  • めまい立ちくらみ・頭痛が起こりやすい
  • □胸が張る、痛む
  • □イライラしやすく、怒りっぽくなる
  • むくみが気になる
  • 胃もたれやムカつきがある
  • 特定の食べ物ばかりを食べたくなる
  • □食べ物のニオイで吐き気が生じる
  • おりものの量が増えた
  • トイレが近くなった
  • 便秘の症状が出る、お腹がガスで張る
  • うつ状態が見られる、元気がない
  • 腰痛がでてきた
  • □皮膚の変化(色素沈着や腹壁の中央に黒い線がある)

※上記の症状に複数該当している方は妊娠の可能性があります。福岡で妊娠検査や中絶手術を検討されている患者様は、下記よりお気軽にご相談ください。
なお、当クリニックでは分娩(出産)は行っておりません

診察のご予約はこちら

診療時間|10:00~19:00 ※最終受付 18:00

妊娠確認時の注意点
低温期・高温期の状態をチェック

妊娠確認時の注意点

妊娠初期に現れる症状には個人差があります。日常生活に支障を来たすほど強い症状が現れる方もいれば、まったく症状がないという方もいます。後者の場合、元から生理不順の傾向があるのであればなおさら妊娠に気づくのが遅れてしまうことにもつながりかねません。

しかし、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠はできるだけ早く治療を行う必要があり、治療の遅れが命の危険に関わることもあります。妊娠に気づくきっかけとして、上記でチェックした症状を意識することも大切ですが、妊娠の可能性を伴う性交渉を持つ方は、基礎体温を記録し、低温期・高温期の状態をチェックする習慣を身に付けましょう。高温期が3週間以上続いているときは、妊娠している可能性があるので、妊娠初期に特有の症状がない場合でも産婦人科を受診することをおすすめします。

妊娠発覚時にすべきこと

妊娠検査薬は、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠にも反応します。そのため、妊娠検査薬が陽性になったら、まずは産婦人科を受診して正常妊娠であることを確認しましょう。その後はパートナーとよく相談して、今後の方針をできるだけ早く決めることが大切です。

出産を希望される場合は、当クリニックでは分娩は扱っておりませんので、妊娠10週前後に他院へご紹介します。医療機関によっては早めに分娩予約が必要な場合もありますので、分娩を希望する医療機関が決まりましたら、できるだけ早くお知らせください。

なお、出産を希望されない場合は中絶手術が必要になります。中絶手術は母体保護法により、妊娠22週未満で実施可能とされていますが、女性の身体への負担を軽減するにはお早めに手術を受けられることが望ましいと考えられます。パートナーと話し合いを重ねて、中絶することを決意なさった方は早めにご相談ください。

妊娠に関するよくあるご質問

おりものが増えたのですが、妊娠したのでしょうか?
A.妊娠するとホルモンの関係でおりものが増えることはありますが、必ず妊娠したとは限りません。まずは生理予定日の一週間後に妊娠検査薬を使用されてみてください。 また、ストレスがたまっていたり、疲れていたり、性感染症にかかっている場合にも、おりものが増えることがあります。そのため、違和感がある場合は、婦人科やレディースクリニックを受診するようにしてください。
中絶か出産か迷っています。気持ちの整理ができてから手術してもらえますか?

A.妊娠中絶手術は、「母体保護法」という法律によって妊娠21週6日(妊娠22週未満)まで可能となっています。それ以降の中絶手術は法律上行うことができません。当クリニックでは、どのような選択をされる場合でも、心を込めてサポートさせていただきます。ぜひ一度、妊娠週数の確認のためにも受診されることをおすすめいたします。なお、当クリニックではお身体の負担のためにも妊娠12週未満の初期中絶手術のみ対応させていただいております。それ以降の中絶手術の場合、他院をご紹介させていただくこととなりますので、予めご了承ください。


避妊しないで性行為をしてしまいました。妊娠していないか不安です。

A.妊娠についてご心配なことがある場合は、当クリニックにてアフターピルを処方することができますので、お早めにクリニックまでご連絡ください。アフターピルは、排卵や着床を阻害する作用を持ち、24時間以内に服用すると99%の確率で妊娠を予防できます。アフターピルの効果を発揮させるためにも、お早めに受診されることをおすすめいたします。


News

お知らせ

  • 2021/01/05

    お急ぎの方はお電話でご予約をお願いします。