福岡での処女膜強靭症の治療なら天神駅前婦人科クリニック

hymenotomy

処女膜強靭症とはどんな状態?

処女膜強靭症とは?
  • ・性行為の際に男性器が入らない
  • ・男性器や指の挿入時に痛みを感じる
  • ・セックスの度に出血する
  • ・タンポンなどの生理用品が入れにくい
  • 上記のようなお悩みをお持ちの方は、処女膜強靭症の可能性があります。

処女膜強靭症とは、本来は柔らかくて薄いはずの処女膜が、生まれつき厚かったり固かったりする状態です。厚くて固い処女膜は破れにくくて伸縮性もないので、膣の開口部(入り口)が狭くなる傾向にあります。そのため、性行為時に男性器が入らない、タンポンが入りにくいなどのトラブルが起こるというわけです。また、無理に男性器を挿入することによって、強い痛みや出血が生じるケースもあります。

処女膜強靭症が原因で性行為を楽しめない、妊娠を望んでいるのに性行為ができないなどの問題を抱えている方も珍しくありません。

この記事の監修医師

天神駅前婦人科クリニック院長 橋田修(はしだおさむ)医師

橋田 修(はしだ おさむ)医師

  • 山梨大学医学部 卒業
    (産婦人科専門医・母体保護法指定医)
  • 天神駅前婦人科クリニック 院長

処女膜強靭症の特徴は?自覚症状は?

一般的な処女膜と処女膜強靭症

日常生活での自覚症状がないことが、処女膜強靭症の特徴の1つです。一般的な処女膜に比べて穴は小さいものの、処女膜強靭症の方の処女膜にも穴は開いています。経血や分泌物は正常に排泄されるので、普段の生活の中で処女膜強靭症を自覚することはまずありません。

処女膜強靭症と似た状態として処女膜閉鎖症が挙げられますが、こちらは処女膜が完全に閉鎖しています。そのため、経血や分泌物を排泄することができず、下腹部痛などを引き起こします。

処女膜強靭症はどうやって気づく?

多くの場合、男性器を挿入する際の激しい痛みやタンポンを入れるときの違和感などがきっかけで処女膜強靭症に気づきます。

処女膜強靭症は治療が可能です。「もしかして処女膜強靭症かも?」と不安に思っている方は一度、婦人科の受診をおすすめします。ぜひ、天神駅前婦人科クリニックにご相談ください。

処女膜強靭症の原因

先天的な(生まれつきの)処女膜の特徴が、処女膜強靭症の原因になっているケースがほとんどです。また、非常にまれな事例ではありますが、性行為に対する過度な不安や恐怖が処女膜強靭症の原因になるケースもあります。

いずれのケースでも、自身で処女膜の厚さや固さをコントロールして改善を図ることは不可能です。無理に処女膜を破ろうとすると大量出血などの危険もあるので、必ず医療機関を受診してください。

天神駅前婦人科クリニックでの
処女膜強靭症の検査内容

処女膜強靭症を診断するためには、処女膜の状態を確認する必要があります。そのため、天神駅前婦人科クリニックでは、以下の検査を行っています。

  • ・問診
  • ・外陰部の診察

処女膜の状態確認の際、医師による触診を行うこともありますが、お痛みには最大限の配慮をし、患者様のご負担にならないようにしています。また、当クリニックの処女膜強靭症の検査では、膣内にプローブを挿入する経膣超音波検査(経膣エコー)は、行っておりません。「診察時の痛みが怖い」「膣内に何かを挿入する検査は不安」という方も、安心してご来院ください。

処女膜強靭症の治療にかかる費用|天神駅前婦人科クリニック

診察料 3,300円
処女膜切開術
※局所麻酔代込み
198,000円
  • ※費用は税込み価格です。
  • ※天神駅前婦人科クリニックの処女膜切開術は、保険適用外の手術です。全額、患者様の自己負担となります。
  • ※笑気麻酔や静脈麻酔もご用意しておりますので、ご希望の方はお申し出ください。(別途費用を頂戴します)

お急ぎの方はお電話ください

診察のご予約はこちら

開院時間|10:00~19:00 ※最終受付 18:00

処女膜切開術による
処女膜強靭症の治療の流れ

天神駅前婦人科クリニックでは、処女膜切開術という手術で、処女膜強靭症の治療を行っています。局所麻酔が十分に効いていることを確認したうえで、手術を行うので、術中に痛みを感じることはありません。また診察から手術など、あらゆる場面で女性看護師がお側に付き添います。「手術は不安……」という方も、どうぞご安心ください。

①問診・診察

お悩みを伺いながら、処女膜の状態を確認いたします。処女膜強靭症という診断に至った場合は、処女膜切開術による治療をご検討いただきます。手術は後日行うので、あらかじめご了承ください。また天神駅前婦人科クリニックでは、処女膜強靭症に関する診察や検査のみのご相談も承っています。

②手術当日の最終確認

予約日時に遅れないようご留意のうえ、クリニックにご来院ください。手術同意書をご提出いただいた後に、事前にお伝えした注意事項をきちんとお守りいただけているか、最終確認を行います。

③麻酔

安全に手術が行えると確認できたら、手術部位に局所麻酔を実施します。局所麻酔には、眠らせる作用はありません。「寝ている状態で手術を受けたい」「少しでもリラックスして手術を終えたい」など、患者様のご希望に応じて、静脈麻酔や笑気麻酔もご用意しております。痛みがご不安な方は、お気軽にご相談ください。

④手術
処女膜切開術の手術方法

麻酔がしっかり効いていることを確認したのちに、膣の開口部を広げるために処女膜を数カ所切開する手術を行います。切開に要する時間は20~30分ほどです。

⑤アフターケア

手術後は1時間ほど、クリニックにてお休みいただきます。その後、体調不良や手術部位に過度な痛みなどがなければ、ご帰宅が可能です。なお、静脈麻酔を実施した場合は、術後に眠気やフラつきが生じる可能性があるため、ご自身の運転による自動車等でのご帰宅は、お控えください。

手術後の症状・注意点・リスク

痛み

当日から翌日がピークで徐々に治まり、1週間ほどで落ち着きます。ご希望の方には痛み止めを処方します。

※術後72時間(約3日間)の痛みを抑えるエクスパレル麻酔もご用意できます。

腫れ

1~2週間ほどで治まります。

傷の治り

徐々に治癒します。傷が気にならなくまでの期間は約1カ月です。

入浴

翌日からシャワーが可能です。入浴は1週間ほどお控えください。

性交渉

手術から1カ月ほど経過すれば、性交渉ができるようになるでしょう。ただし、性交渉が可能になるまでの期間には個人差があるので、必ず医師にご相談ください。

リスク

感染や出血、処女膜の戻りが考えられますが、発生頻度はごくまれです。

処女膜強靭症に関するよくあるご質問

切開を伴う手術が怖いです。処女膜強靭症は自然治癒しますか?
A.処女膜強靭症は自然治癒および、ダイレーターなどを使ったセルフケアによる治療が非常に難しい状態です。根本治療をお望みの場合は婦人科などの医療機関にご相談ください。なお、天神駅前婦人科クリニックでは、痛みに最大限配慮した診察・手術を行っております。痛みに不安のある方も安心してご来院ください。
処女膜強靭症の手術によって膣が緩くなることはありますか?
A.いいえ、処女膜強靭症の手術によって膣がゆるくなることはありません。手術では膣の開口部の狭まりを解消するために、処女膜を数カ所切開するのみです。膣のしまりには影響を及ぼさないのでご安心ください。
処女膜強靭症の手術のあと、どれくらい経てばセックスをしてもよいですか?
A.手術終了後、約1カ月で性行為が可能です。しかし、傷や腫れの治り具合には個人差があり、性行為が可能になる時期も人それぞれです。必ず医師に相談し、指示に従ってください。また、術後の性行為の際に強い痛みや出血が合った場合はすぐに医療機関を受診してください。
初体験のとき、痛くて入りませんでした。これは処女膜強靭症だからですか?
A.男性器が入らない原因が、すべて処女膜強靭症とは限りません。性交渉が初めてのケースでは、緊張による筋肉の硬直や膣分泌液の分泌量不足によって男性器がスムーズに挿入できないこともあります。一方で、2回目以降の性行為でも強い痛みを感じたり、出血を繰り返したりする場合には処女膜強靭症の疑いがあります。天神駅前婦人科クリニックでは処女膜強靭症の検査のみにも対応しているので、お気軽にご相談ください。
保険適用で処女膜強靭症の手術を受けられますか?
A.いいえ、天神駅前婦人科クリニックの処女膜強靭症の治療は保険適用外です。保険適用にて治療を行っている医療機関もないわけではりませんが、その数は非常に少ないです。通常は、処女膜閉鎖症によって経血や分泌物が排泄されないなど、日常生活に大きな支障をきたす場合のみ保険適用の対象となります。

News

お知らせ

  • 2023/01/05

    お急ぎの方はお電話でご予約をお願いします。

  • 2022/05/09

    HPVワクチン9価(シルガード9)のご予約承ります。